Fashion

バロック新会社ブランド「ガーメントセブン」今秋始動、グローバルファストファッション目指す

 バロックジャパンリミテッドの新会社FRAME JAPAN(フレームジャパン)が、今秋スタートさせる新ブランド「GARMENTSEVEN(ガーメントセブン)」の展示会を開催した。靴とデニム、カットソーを主力としたウィメンズブランドで、NY在住のエディ・ヴァン・ナークがディレクションを担当。良質なモノをリーズナブルな価格で提供できるグローバルファストファッションを目指す。

ガーメントセブン展示会 Image by FASHIONSNAP
ガーメントセブン展示会
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 ブランド名の「GARMENTSEVEN」は、「ファッション・アヴェニュー」と呼ばれ、生地やボタンなどファッション関係の卸問屋が集結しているニューヨーク・7thアヴェニューのガーメント地区に由来。流行に敏感な女性を満足させるアイテムをリーズナブルな価格で提供するライフスタイルブランドとして展開される。ディレクターのエディ・ヴァン・ナークはセリュックスやリステアのADを務めた経歴を持つ人物で、彼を中心としたクリエイティブチームをニューヨークで発足。日本の技術や、中国の縫製・生産などにおける長所を生かして、グローバルに発信できるブランドに成長させるという。

 様々なシーンに合わせてトータルコーディネートができる豊富なラインナップを魅力とし、中心価格はシューズが12,000円、バッグが7,900円、カットソーが3,900円、デニムが7,900円。今後は、プロモーションとして世界的に活躍する海外アーティスト、デザイナー、フォトグラファー、ミュージシャンなど多方面のクリエイターとのコラボレーションも計画しているという。今秋の出店としては、名古屋パルコや東急百貨店東横店、東急プラザ 表参道原宿などで展開が予定されている。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング