Fashion

ラルディーニとニック・ウースターがコラボ 伊ピッティで発表

デザインを手掛けるNickelson Wooster 独特のシルエットのグルカショーツが特徴
デザインを手掛けるNickelson Wooster 独特のシルエットのグルカショーツが特徴
 伊ラルディーニ社は18日、Nickelson Wooster(ニック・ウースター)がデザインを手掛ける「WOOSTER×LARDINI」(ウースター×ラルディーニ)を、フィレンツェで開催されている第86回Pitti Immagine Uomo(ピッティ・イマージネ・ウオモ)で発表した。2015年春夏シーズンから、ヨーロッパ、アメリカ、日本を含むアジアで展開を開始する。(文・写真:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)
— ADの後に記事が続きます —

 アメリカを代表するファッションディレクターとして八面六臂の活躍を続けるニック・ウースター。そのニックの個性的なスタイルと、数々の有名ブランドの生産を手掛けるラルディーニの生産背景、モノ作りのテクニックが融合。「米伊の幸せなマリアージュ」と呼べる魅力的なコレクションが完成した。

 コレクションの根底にあるのは、トラッドとミリタリーをベースにしたメンズの基本的なワードローブだ。アイテムの核となるジャケットは4型。ヴィンテージラバーが狂喜しそうな1800年代後半〜20世紀初頭のクラシックなモチーフにした洗いをかけたジャケット、スタンドカラーのミリタリージャケット、アメリカの伝統的なパッチポケットの3つボタンジャケット(英のコットンをクレイジーカラーで配置したものや、ニックの顔を刺繍したもの)を用意する。

 パンツは、ベーシックなスリム、ストレートの他、膝が隠れる丈のグルカショーツを展開。グルカは変則的なシングルベルトで、袴のような雰囲気がある。シャツはボタンダウンのみだが、ボタンを外して大きめのアンティーク調のピンを挿すのがニックらしいところ。その他にも、ジャケットと同素材のベスト、剣幅が細い(5cmくらい)ネクタイ、ジャケットと同布のスリッポンスニーカーなどがある。素材は、コットン×リネン、シアサッカー、グレンチェック、ハウンドトゥース、ウール×モヘヤのサマーツィードなど。色はブラック&ホワイト、グレー、カーキ、オリーブ、ネイビーを基調としている。

 ニックは「ラルディーニの完璧な生産背景で、ノーパーフェクトなパーフェクトなジャケットができた」とコメント。ラルディーニのクオリティとニックの独特の捻りが融合したコレクションはシンプルながら味わい深く、既存のクラシコマーケット以外からも注目を集めそうだ。


(文・写真:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング