Fashion

ギャル文化の先駆け「LOVE BOAT(ラブボート)」ブランド終了へ

LOVE BOAT 公式サイト トップページより
LOVE BOAT 公式サイト トップページより

 渋谷ギャルカルチャーの先駆けブランドとして人気を集めた「LOVE BOAT(ラブボート)」が、8月でブランドを終了すると発表した。1994年のスタートから今年で20周年を迎えたが、渋谷109、横浜ビブレ、名古屋丸栄の3店舗も同月末で閉店する。

 「LOVE BOAT」は、コンサバやDCファッションが中心だった1990年代に「へそ出しTシャツ×ミニスカート」のスタイルを打ち出し、ギャルカルチャーを象徴するブランドの一つとして浸透。運営するララ・プランは後に「LB-03」や「L.D.S.(エル・ディー・エス)」の展開も開始し、「LOVE BOAT」含めて各ブランドは若い女性層から支持を得ていたが、売り上げは次第に減少が続き、2011年には民事再生法を申請して2012年5月に全株式譲渡によりオンワードホールディングスのグループ会社となった。

 ブランド終了を前に「LOVE BOAT」では、1990年代の人気商品をラストコレクションとしてリバイバルし7月末に発売予定。モノトーンロゴマークのへそ出しTシャツやナップサックなど、当時の渋谷ギャルのアイコンが復活する。

 最近では「egg」や「小悪魔ageha」が相次いで休刊するなど、全盛を築いたギャルカルチャーは縮小傾向にある。ギャルの聖地と呼ばれた渋谷109では今年2月から春にかけて大規模改装を実施し、新規出店ブランドを多く導入した。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング