Fashion

LVMHの現代アート美術館「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」がパリに10月開館

ルイ・ヴィトン ファウンデーション
ルイ・ヴィトン ファウンデーション
Image by: LVMH
 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ(=以下LVMH)のアートの複合文化施設「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」が、10月27日にフランス・パリに開館する。LVMH CEOのベルナール・アルノーの依頼を受け、アメリカ人建築家フランク・ゲーリーが設計。オープニング・プログラムの一環として、財団のためにフランク・ゲーリーが手掛けた建築プロジェクトを紹介するエキシビションが開催される。
 

 「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」はパリ・ブローニュの森の北部にあるアクリマタシオン庭園の一角に10,000㎡の敷地面積で建設。外装はガラスでできた雲を思わせるデザインで、建物内には常設展示や特別展示、アーティスト委嘱作品用など11室のギャラリーが設けられ、複数のジャンルにわたるパフォーマンスやイベントのための多目的ホールも併設されている。建物のテラスからは、フランク・ゲーリーに「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」の建築のためのインスピレーションをもたらしたパリの街並みとアクリマタシオン庭園の緑を一望できるという。

 LVMHは、芸術文化支援活動をさらに強化するため企業財団「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」を設立。パリにオープンする「ルイ・ヴィトン ファウンデーション」は、LVMHが過去20年間にわたり、フランス国内をはじめ世界中で主導してきた芸術支援、文化活動の発信拠点として位置づけられ、現代アートをフランス国内外に向けて奨励・振興することをミッションとして掲げて運営される。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング