Fashion

中野ブロードウェイ地下から新ブランド「ラッキールーム」7月7日デビュー

カオスマーケット内の壁の絵
 "オタク"や"サブカル"の聖地として知られる「中野ブロードウェイ」の地下にあるショップ「CHAOS MARKET(カオスマーケット)」から、7月7日に新ブランド「LUCKY ROOM(ラッキールーム)」がデビューすることがわかった。秋葉原のショップ「五戒」の小竹一樹が中心の新ユニットが手がけ、これまでにない"次世代型ファッションブランド"になるという。

 「LUCKY ROOM」は、今年5月にオープンした「カオスマーケット」内、約半分のスペースを拠点に発信。「大喜利」と「中野の民族衣裳」をメインに、風土や土着的なものを取り入れて新しいファッションの形を作っていくという。

 スタート時には、石をプリントした2種類の「石Tシャツ」と「石バッジ」が展開されることがわかっているが、その他の詳細は不明。公式Twitter(@lucky_room)では、初日の7月7日夜7時から"ラッキールームお披露目会"を開催することが告知されている。

■CHAOS MARKET(カオスマーケット)
 場所:東京都中野区中野5-52-15
    中野ブロードウェイ地下1階土竜商店街
 営業時間:不定休

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング