Fashion

クリストフ・ルメールが「エルメス」のディレクター退任

 「HERMÈS(エルメス)」のアーティスティック・ディレクターChristophe Lemaire(クリストフ・ルメール)が退任したことがわかった。2010年の就任から約4年でメゾンを去る。なお、後任デザイナーは未発表。

 Christophe Lemaireは、1965年フランス生まれ。「Christian Lacroix(クリスチャン・ラクロワ)」や「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」で経験を積み、1990年に自身のブランド「CHRISTOPHE LEMAIRE」を設立した。2002年からフランスのスポーツウエアブランド「LACOSTE(ラコステ)」のクリエイティブディレクターを務め、約8年に渡ってブランドの再生に貢献。「HERMÈS」では、Jean-Paul Gaultier(ジャン・ポール・ゴルチエ)の後任として2011年秋冬シーズンからウィメンズコレクションのディレクションを担当してきた。今年10月に発表が予定されている2015年春夏コレクションがラストシーズンになるという。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング