Fashion

活動20周年デザイナー丸山敬太の衣装展 森本千絵が会場監修

丸山景観 ビジュアル Image by (C) CHIE MORIMOTO
丸山景観 ビジュアル
Image by: (C) CHIE MORIMOTO

 デザイナー丸山敬太の活動20周年を記念した衣装展が、表参道ヒルズで開催される。会場のディレクションは、「敬太さんの服を着ることは、景色や季節を着ることだと思う」と語るクリエイター森本千絵が手がける。期間は8月8日から17日まで。

 丸山敬太は、1994年の「KEITA MARUYAMA」ブランドデビュー以来、ミュージシャンや俳優、舞台、映画の衣装製作、ブランドのクリエイティブディレクターなど幅広く活動。今回開催される丸山敬太20周年祭「丸山景観」全集大成展では、絵画的なプリントや繊細な手仕事、美しいディテールや日本の四季の美しさを愛する丸山敬太のクリエーションに着目し、DREAMS COME TRUEなど数々のアーティストのために制作されたコスチューム、テキスタイルや作品の展示、商品の販売、トークイベントなどが予定されている。また、活動を書籍化した「丸山景観」(15,000円/税別)が1,500部限定で今秋発売予定。10月15日から21日には伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージで催事を開く。

 「KEITA MARUYAMA」は、三越伊勢丹ホールディングスの完全子会社マミーナが2013年12月31日付で商標を取得。マミーナは2014秋冬コレクションから「KEITA MARUYAMA」事業を本格的に展開するにあたり、8月に伊勢丹新宿本店と三越日本橋本店で同ブランドの展開スペースの拡大、新たに三越銀座店での取り扱いを開始する。また、8社と新規ライセンス契約を締結し、ファッション雑貨を中心に婦人靴やハンドバッグ、ナイティ、靴下、傘・帽子、ハンカチ、アクセサリー、ブラックフォーマル等のライセンス商品を開発。「KEITA MARUYAMA」の成長・発展の加速を目指し、ライセンス商品は2015年春夏シーズンからの展開を計画しているという。

■丸山敬太20周年祭「丸山景観」全集大成展  日程:2014年8月8日(金)〜17日(日)  時間:11:00〜21:00     10日(日)20:00、11日(月)13:00、17日(日)18:00まで  ※入場は閉館時間の30分前まで。  会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー  入場料:一般500円 / 高校生以下無料  主催:KEITA MARUYAMA  企画協力:株式会社ディーシーティーエンタテインメント  協力:株式会社 六耀社  会場協力:表参道ヒルズ  監修:森本千絵(goen°)  制作:SUNプロデュース株式会社  ※会期中、会場内イベントにより入場可能な時間が変わる場合あり。  http://www.keitamaruyama.com/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング