Fashion

LINEスマホECモールが定額配送に フェリシモ物流サービスと提携

公式サイトより
Image by: LINE
 LINEが運営するスマートフォンECサービス「LINE MALL(ラインモール)」が7月30日、フェリシモの物流サービスと連携し、出品者向けのサイズ別定額配送を開始した。フェリシモの物流サービスが出品者・購入者間の商品発送を代行し、遠方の購入者への配送も国内であればサイズ別に一律価格とする「定額配送」を導入。氏名や住所など個人間同士の個人情報のやり取りが不要な「匿名配送」が可能になり、より安心・安全なサービスを提供するという。
— ADの後に記事が続きます —

 「LINE MALL」では、これまで商品配送料金は一律出品者負担で、商品の希望販売価格に送料を上乗せした合計金額を商品代金として設定、出品する仕様になっていた。そのため購入者は送料込みの一律同一価格で購入できるというメリットがあった一方で、出品者は購入者の居住地域によって配送料金が変動するため、配送先が遠方になればなるほど出品者の収益が下がるというリスクを抱えていた。また、「LINE MALL」に関わらず従来型の個人間取引ECサービスの場合、購入者・出品者同士での個人情報の取得が必要なため、情報のやり取りに不安があるユーザーが積極的な売買を躊躇してしまうというケースも出ている。

 今回の「LINE配送」を採用することで、購入者は引き続き同一金額による商品購入メリットを維持しつつ、出品者は購入者の居住地域の遠近に関わらず、一律定額料金で配送することができるようになる。取引成立後、出品者がフェリシモの物流センターに商品を発送すると、物流センターは購入者が事前登録した配送先情報をもとに商品を出荷するという仕組みを取り入れた。

 フェリシモの総合物流センター「エスパス フェリシモ」は、主力の通販事業の商品の出荷業務を行う総合物流・情報施設。4万平米を超える建物内では、1日で最大5万個、年間で1,000万個を超える出荷能力を持っている。

■LINE MALL
 http://mall.line.me/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング