Fashion

JFWOが産地活性化プロジェクト 国内ブランド支える職人技術を世界へ

公式サイトより
公式サイトより

 一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)が、産地活性化プロジェクト「THIS IS MY PARTNER(ディス・イズ・マイ・パートナー)」を実施する。日本のデザイナーたちのクリエイションを支える相棒(=パートナー)として尽力する各地の職人たちを紹介するプロジェクトで、日本の繊維産業を国内外に発信する狙い。

— ADの後に記事が続きます —

 「THIS IS MY PARTNER」は、経済産業省による「地域力活用市場獲得等支援事業中小企業販売力強化支援モデル事業」の一環。生地から縫製・加工や資材(ボタン、レース、リボン、アクセサリー等)などメーカーや工場が持つ技術力が一般には十分に知られていないという現状で、繊維産業に従事する職人たちに注目し、メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京(MBFWT)に参加するデザイナーたちが優れた職人たちの技術力を世界にPRする。

 プロジェクトは今年10月と来年3月に開かれるMBFWTの期間中に行われ、1シーズンにつき5組ずつ計10組のデザイナーが、各コレクション会場や展示会会場で職人たちの魅力を様々な表現方法で紹介。MBFWTの公式ガイドブックは、職人へのインタビューや産地イエローページなど「THIS IS MY PARTNER」に関するコンテンツを入れた特別版として発行される。また、ガイドブックと連動してMBFWT公式サイトにも特設ページを設置する予定だ。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング