Fashion

愛がテーマの都会のオアシス「グランツリー武蔵小杉」約160店そろえ11月開業へ

外観イメージ
外観イメージ
Image by: セブン&アイ・ホールディングス

 武蔵小杉エリアの新商業施設「GRAND TREE MUSASHIKOSUGI(グランツリー武蔵小杉)」の開業時期が11月下旬に決まった。セブン&アイ・ホールディングスによる同施設のテーマは「愛」。今回、日本初出店・新業態を含む主要テナントや日本最大級の屋上庭園、高さ14メートルの水のオブジェをはじめとする共有スペースの概要が発表された。

 「都会の中の家族のオアシス」を目指すという「GRAND TREE MUSASHIKOSUGI」は、地上1〜4階を店舗で構成。メインエントランスから4階まで続く吹き抜け空間「AQUA GARDEN(アクアガーデン)」に音と光の演出、屋上には商業施設としては日本最大級の広さとなる約4,300平方メートルの屋上庭園「The Roof Park(ザ・ルーフパーク)」を設置し、共有スペースを充実させる。「The Roof Park」のグリーンプロデュースを担当するのは、「BIOTOP(ビオトープ)」などを手がけるSOLSO代表の齊藤太一。

 ブランディングプロデューサーにはパレスホテル東京やルミネといった多数の企業に携わる柴田陽子を迎え、従来の大型商業施設のようにファッションと雑貨、食品といったジャンルで分けるのではなく、ライフスタイルやライフシーンを意識したコンセプトを各フロアごとに設け、新しいショッピング空間を提案する。売場面積は約37,000平方メートル。約160店舗を出店させる計画で、主要テナントに決まったのはアーバンリサーチの新業態 「URBAN RESEARCH Sonny Label(アーバンリサーチ・サニーレーベル)」や百貨店の「そごう・西武」、出店を拡大するアウトドアブランド「スノーピーク」、行列が絶えない人気店「原宿餃子楼」など。ニュージーランドの老舗コスメブランド「リビングネイチャー」、紀伊國屋書店とセブン&アイ・フードシステムズによる「白ヤギ珈琲店」の初のコラボレーションショップ、タリーズコーヒーの新業態カフェ「タリーズコーヒー キッズコミュ」も国内初出店する。 フードコートには、韓国で有名な「ペックスビビンバ」が初上陸し、プロデュースは赤坂のゼスン食堂が行う。

■GRAND TREE MUSASHIKOSUGI
 グランドオープン:2014年11月下旬
 所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1135番地
 http://www.grand-tree.jp

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング