Fashion

世界最古の高級時計「ヴァシュロン・コンスタンタン」国内初の直営店が銀座に

店内イメージ
Image by: VACHERON CONSTANTIN

 世界の三大高級時計の一つ、「VACHERON CONSTANTIN(ヴァシュロン・コンスタンタン)」が、国内初の直営店を銀座中央通りに出店する。希少なハイコンプリケーションからレギュラーコレクションまで全ラインを揃え、世界に一つのオリジナル時計が製作できる完全ビスポーク・サービス「アトリエ・キャビノティエ」を導入。また、価格3,169万8,000円の「トラディショナル・14 デイズ・トゥールビヨン」など、3型の日本特別モデルを本数限定で販売する。オープンは12月初旬。

 国内初の直営店は、総売場面積約140平方メートルで2フロア構成。店内では、時計職人がアフターセールス・サービスを行い、高度な技術の職人技を実演する。顧客の要望を聞き、スイス・ジュネーブの本社と顧客を繋ぐ「アトリエ・キャビノティエ」は、「VACHERON CONSTANTIN」のブランドらしさが反映されていれば、ムーブメント製作を含めカスタマイズやデザインの内容に制限は無いという。

 今回のために特別に販売されるのは、18Kピンクゴールド(5N)製の「トラディショナル・14 デイズ・トゥールビヨン」(3本限定)と6時位置にスモールセコンドを備えた「トラディショナル」(20本限定)、第2時間帯とパワーリザーブ表示を搭載した「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」(100本限定)の3型で、価格は224万1,000円〜3,169万8,000円(税込)。各モデルの文字盤上には「LIMITED EDITION TOKYO」という銘、また「VACHERON CONSTANTIN」の職人技として知られるギヨシェ彫りが手作業で施される。

 1755年に創業し、約260年の歴史を持つ「VACHERON CONSTANTIN」は、世界最古のマニュファクチュール。常に最高のデザインを求め続けることを信条に、「受け継がれてきた完璧な製造技術」、「インスピレーションに恵まれて調和のとれた美的感覚の具現化」、「最高水準の装飾仕上げ」の3つの基礎理念を反映させたものづくりを行っている。

■VACHERON CONSTANTIN
 http://www.vacheron-constantin.com/

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング