Fashion

シップス "おみやげ"がテーマの新レーベル「SHIPS SOUVEN!RS」立ち上げ

新レーベル「SHIPS SOUVEN!RS(シップス スーベニアーズ)」ロゴ
新レーベル「SHIPS SOUVEN!RS(シップス スーベニアーズ)」ロゴ
Image by: シップス

 シップスが、「おみやげ」をコンセプトにした新レーベル「SHIPS SOUVEN!RS(シップス スーベニアーズ)」をスタートする。訪日外国人に向けて展開するもので、日本製のアイテムやコラボレーショングッズを中心に販売。9月26日に「SHIPS(シップス)」原宿店の一画にオープンする。

 「SHIPS SOUVEN!RS」では明治12年創業の「上出長右衛門窯」や陶磁器ブランドの「The Porcelains(ザ・ポーセリンズ)」、山梨県の和紙メーカーによる「SIWA(シワ)」、クラシックな高級ノートの「ツバメノート」など、シップスがセレクトしたお土産物をラインナップ。外国人観光客が多く訪れるという原宿店限定で、日本文化や技術を取り入れたアイテムを200円〜25,000円と幅広い価格帯で用意する。取り扱いブランドとのコラボレーションアイテムにも施されるショップロゴは、TRiCEP GraphicsのDUKE OKADAがデザインした。

 シップスは2013年12月に大人の女性のための新コンセプトショップ「SHIPS Decent Loom(シップス ディセントルーム)」をオープンし、今春には初のライフスタイルブランド「SHIPS Days(シップス デイズ)」1号店を出店するなど、事業を拡大している。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング