Fashion

ミランダ・カー、VOGUE JAPAN表紙で日本文化を表現

「VOGUE JAPAN」11月号
Image by: VOGUE JAPAN 2014年11月号 Photo: Mario Testino (C) 2014 Condé Nast Japan. All rights reserved.

 ミランダ・カーが「VOGUE JAPAN(ヴォーグ ジャパン)」11月号の表紙で、日本文化を代表する「芸者、侍、漫画」の3つをテーマにしたキャラクタービジュアルを披露する。撮影・編集を手掛けたのは世界を代表するフォトグラファーのマリオ・テスティーノで、日本版でゲストエディターに起用したのは今回が初となる。6ページの表紙を展開した特別号は、9月27日に発売。

 「VOGUE JAPAN」創刊15周年アニバーサリー企画第3弾として編集された今回の特別号で、マリオ・テスティーノは「オブセッション―物事へのこだわりや何かをひたむきに追及する姿勢」をテーマに選出。「何をするにしても揺るぎない絶対的な信念を持っている。これは日本人のある種のこだわり、一途さなのだ。私自身、人生において、またキャリアにおいてこのような生き方を追求してきたつもりだ」と日本人の精神について作品だけでなく、自身のキャリアにおいても影響を受けていると話す。

 表紙に起用されたミランダ・カーは着物を着用した「芸者」、赤をベースに甲冑風の衣装で構成された「侍」、初音ミクを彷彿とさせる色調とロングツインテール姿の「漫画」をそれぞれ演じ分けた。今回のマリオ・テスティーノとの撮影について「彼は温かい人柄で、その優しさが周りの人にも広がっていくの。すごくエネルギーがあって、コラボレーションをする相手としても、とてもすばらしい人よ」と共演を喜んだという。同誌ではミランダ・カーの第二の故郷とまで言う日本への思い、美貌を保つ秘訣を語ったインタビューも収録する。表紙撮影の模様は、「VOGUE JAPAN」の「Instagram(インスタグラム)」公式アカウントとウェブサイトで掲載。ウェブサイトではこのほかに、9月25日からバックステージ動画を公開する。

 アニバーサリー企画第一弾を展開した9月号は、世界のモデル15人を表紙に起用。第二弾の10月号では東方神起が登場し、15周年を記念した特集が掲載された。

■「VOGUE JAPAN」インスタグラム
http://instagram.com/voguejapan

■「VOGUE JAPAN」ウェブサイト
http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2014-09/19/miranda-kerr

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング