Fashion

おしゃれツイード着て自転車に乗る「Tweed Run Tokyo」スタート 海外ゲストも走行

先頭でスタートする実行委員長の栗野宏文氏
Image by: Fashionsnap.com

 イギリス発祥のファッションと自転車のイベント「Tweed Run Tokyo 2014(ツイードラン 東京 2014)」 が10月19日、明治神宮外苑いちょう並木で開幕した。第3回目の今回は、一般も利用可能のマルシェを初展開。ウースター・コンサルタンシー代表のNick Wooster(ニック・ウースター)氏やTommy Ton(トミー・トン)氏ら海外からのゲストも多数参加している。

 「The Tweed Run」は、ツイードをおしゃれに着こなして自慢の愛車で街を楽しく走ることを目的に2009年にロンドンでスタート。国内では2012年から「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」の関連イベントとして会期中に年に一度開催されている。

 今回はスタートとゴール共に明治神宮外苑いちょう並木に統一されたため、ツイードを扱うWATANABE & CO.,LTD.やコーヒーショップTOKE AND COME AGAINなどによるマルシェを展開。「ファッション業界には浸透してきたが、これからは自転車と連動しているイベントという面も強く打ち出していきたい」(Tweed Run Tokyoプレス担当者)との考えから、W-BASEとMASI BICYCLESのブースも出展している。

 参加者は、「今日のために2週間ほどかけて自分でセットアップを作り、自転車もデコレーションした」という女性やチームで衣装を揃えた男性陣など約150名。「GQ JAPAN」の鈴木正文編集長や「Street Peeper」を立ち上げたPhil Oh(フィル・オウ)らの姿も見られた。実行委員長を務めるユナイテッドアローズ上級顧問・クリエイティブアドバイザーの栗野宏文氏は「毎回参加者が増え、海外からのゲストも来てくれて嬉しく思います。お洒落に楽しく安全に半日を過ごして下さい」と挨拶を終えると、英国「ザ・ダファー・オブ・セントジョージ」の立ち上げに携わったMarco Cairns(マルコ・ケアンズ)氏がフラッグを振る中、先陣を切ってスタートした。

 コースは桜田門や六本木などを通り外苑前に戻ってくる約10キロ。午後からはシェアードテラスでティーパーティーが行われ、「1966カルテット」の特別ライブやベストドレッサー賞の授賞式などが実施される。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング