Fashion

町の仕立て屋の人間物語描く映画「繕い裁つ人」公開へ 主演は中谷美紀

 町の仕立て屋にスポットを当てた映画「繕い裁つ人」が、2015年1月31日から全国で公開される。講談社「ハツキス」で連載中の同名の人気漫画が原作になっており、中谷美紀が演じる主人公・市江が見事な手つきでミシンを使いこなし鮮やかな洋服を仕立てていく姿を通じて、"人生で一番自分に似合った服"に出会える「南洋裁店」と周囲の人々の日々を描く。

ポスタービジュアル Image by ギャガ (c)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
ポスタービジュアル
Image by: ギャガ (c)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会
— ADの後に記事が続きます —

 頑固でこだわり深い仕立て屋「南洋裁店」は、祖母が始めた洋裁店を受け継いだ市江が2代目店主を務め、世界に1着しかないオーダーメイド服を古びたミシンで仕立てている。長年、オーダーメイド服は人気を集める一方で、職人スタイルを貫くため量産ができないという悩みも抱え、ブランド化を依頼する百貨店の営業担当・藤井(三浦貴大)やなじみの客たちと市江の人間物語を展開。縫い針のイラストであしらわれたポスタービジュアルのタイトルロゴは実際に手編みの刺繍で制作されたといい、水色の背景は劇中に出てくる洋服のテキスタイルが使用されている。

 「繕い裁つ人」のメガホンを取ったのは、「しあわせのパン」や「ぶどうのなみだ」を手がけてきた三島有紀子。中谷美紀をはじめ、三浦貴大や片桐はいり、黒木華、杉咲花、中尾ミエ、伊武雅刀、余貴美子らが出演する。また、主題歌は2015年にデビュー20周年を迎える平井堅が担当し、今年5月にリリースされたコンセプトカバーアルバム「Ken's Bar Ⅲ」に収録されている「切手のないおくりもの」を採用する。

記事のタグ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング