Fashion

マルイシティ渋谷が「モディ」に業態変換 新ターゲットは大人の男女

外観イメージ Image by 丸井グループ
外観イメージ
Image by: 丸井グループ

 丸井グループが、マルイシティ渋谷を専門店で構成する施設業態「modi(モディ)」に変換する。若いマインドを持った現代の30代〜40代にターゲットを改め、雑貨やカフェ、大型書店などの比率を高めてライフスタイル面の提案を強化。オープンは2015年度内を予定し、同じく神南一丁目の交差点に位置するマルイジャム渋谷も全面改装する。

— ADの後に記事が続きます —

 地下1階から9階までの合計9,000平方メートル以上にファッション関連のショップを多く揃えるマルイシティ渋谷は、20代以下が顧客の約7割を占めていたが近年では3割まで減少。一方で30代が3割と40代が2割まで伸びていることから、業態変換後の「modi」ではターゲットを改める。各階にカフェを設けるほか、5階〜7階にはカルチャーも打ち出す大型書店をオープンさせるなどして、人が集まる場所を創出。丸井グループ子会社のエイムクリエイツが運営し、現在の売上仕入からテナント形式にシフトして収益の改善を図る。

 丸井グループは、2006年に町田マルイに「modi」を導入。「好調に集客できており、自前の売場とテナントを混合させた形態がうまくいくということを実証できた」(広報担当者)といい、渋谷の店舗でも相乗効果を狙う。マルイジャム渋谷は全面改装後、自主企画製品の展開を強化し、ファッション以外の出店も増やす方針。2館のリニューアル後の売上は、現在の100億円から150億円まで引き上げる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング