Fashion

蜷川実花のファッションブランド 小松精練のデジタルプリント技術活かし来春デビュー

Update:

伊勢丹新宿店のポップアップショップは下記の日程に変更。
1月21日(水)~1月27日(火)伊勢丹新宿店本館1階=センターパーク/ザ・ステージ#2

ファーストコレクション Image by Fashionsnap.com
ファーストコレクション
Image by: Fashionsnap.com

 蜷川実花のグラフィックテキスタイルを使用したファッションブランドエム / ミカ ニナガワ(M / mika ninagawa)」が、来春デビューする。ファーストコレクションは、リゾートテイストのドレスやカジュアルなスウェット、ボリューム感のあるひざ丈スカートなどテキスタイルの鮮やかさを活かした多彩なウェアやアクセサリーを揃える。

 エム / ミカ ニナガワは、昨年9月パリで開催された世界最大級の国際生地見本市プルミエール・ヴィジョンで小松精練から発表され、その後「アンリアレイジ(ANREALAGE)」や「ジーヴィジーヴィ(G.V.G.V.)」などにより商品化された"ニナミカワールド"全開のテキスタイルをブランド化したもの。小松精練が世界に誇るデジタルプリントファブリック「モナリザ」の約1,670万の豊富な色数を活かした鮮明度の高さやカラー展開が特徴で、10代から40代まで幅広い女性の支持を受ける蜷川実花の"今"の気分を反映し、同氏自身が着たいと感じるファッションを提案していく。

 コレクションの発表ペースについては「現在検討中」(広報担当者)で、今後の反響を踏まえてラインナップを拡充させる予定。デビューシーズンの中心価格帯はドレスやトップス、ボトムスが20,000〜30,000円代、アクセサリーが2,000〜5,000円代で、1型あたり2〜6種類の柄のバリエーションが魅力のひとつだという。来年1月23日〜27日までの1週間、伊勢丹新宿店2階にはファーストコレクションを先行発売するポップアップショップがオープン。同年3月から全国のセレクトショップや百貨店で一般販売を開始する。

 蜷川実花は、写真家や映画監督としての活躍をはじめファッション業界とも多数のコラボレーションを行っており、近年コラボレーションしたブランドには「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」や「フォリフォリ(Folli Follie)」などがある。また、来年1月24日からは品川の原美術館で個展を開催予定だ。

エム / ミカ ニナガワ 公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング