Fashion

数寄屋橋交差点の大型商業施設「銀座5丁目プロジェクト」概要発表

外観イメージ
外観イメージ
Image by: 東急不動産

 東急不動産が11月13日、「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」の開発概要を発表した。数寄屋橋交差点に全13フロアの大型商業施設を2015年度中に開業する計画で、アパレルから雑貨や食物販、飲食まで約120店舗を出店。特に通行量の多い路面部分には、ラグジュアリーブランドをはじめとした複数のグローバル旗艦店をオープンさせる。

 

 「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」の開発コンセプトは、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」。施設は地下1階~地上11階部分の13フロアを店舗とし、地下2階部分は東京メトロ銀座駅と地下コンコースで直結させる。建物の外観は、伝統工芸の江戸切子をモチーフにしたデザインを採用。建物内部や屋上部には東急文化村と提携したパブリックスペースを設置するなど、国内外の情報・文化の発信拠点として東京の新たなランドマークになることを目指すという。

 近年伸び続ける銀座エリアへの訪日観光客の誘引を見込み、施設の上層部には都内最大となるロッテ免税店を誘致。インバウンド対応を含め、大型商業施設ならではの規模感を活かすテナント構成を計画しており、中・上層部にはグループ企業の東急ハンズの新業態、東急百貨店による新業態のセレクトストアを誘致する予定だ。

 東急不動産は、これまでに「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」などの大型開発物件や、「東急プラザ 表参道原宿」をはじめとする「東急プラザ」シリーズの都市型商業施設の開発・運営を手がけてきた。旗艦施設と位置付ける今回のプロジェクトでは、新たに東急グループ一体となって開発に取り組むことで、渋谷再開発に向けた連携強化も狙う。

■(仮称)銀座5丁目プロジェクト
 所在地:東京都中央区銀座5-2-1
 階数:地下5階~地上11階
 面積:敷地面積 3,766.73平方メートル、延床面積 約50,000平方メートル
 構造:鉄骨造 一部 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
 用途:店舗(地下2階~地上11階)・駐車場
 設計 ・監理:株式会社日建設計
 施工:清水建設株式会社
 商環境デザイン:株式会社インフィクス
 開業:2015年度予定

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング