STRAIGHT PRESS

表参道次なるブームは「メイソンジャーサラダ」?ニコラシャールが仕掛け

STRAIGHT PRESS

ストレートに発信するメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

先日銀座から移転オープンしたニコラシャール表参道本店。この新店舗ではなんと、大人気のうさぎシュークリームやうさぎパフェに加え、初めてのランチとして「メイソンジャーサラダ」を発売し、またもや新ブームを巻き起こそうとしているという。

メイソンジャーとは、100年以上もの歴史を持つBall社が製造している、オシャレなガラス瓶の保存容器のこと。フランスの一般家庭ではよく用いられているもので、新商品は、直径14cmもある巨大なメイソンジャーに食材を詰めたものだ。

ラインナップは、「フレッシュモッツァレラストロベリー」(1520円)、「シーザーペンネ」(1460円)、そして「キヌアサーモンフレンチ」(1580円)の3種類。

中でもオススメは「フレッシュモッツァレラストロベリー」で、ニコラ特製の「いちごドレッシング」を使ったフルーティーな味わいが魅力。8つの食材が奇麗に層にわけられていて、見た目も鮮やかで食べるのがもったいないほどだ。

食べ方も少し特殊で、まず瓶を振り、中のサラダとドレッシングを混ぜ、小皿に取り分けてから食べるのだとか。

nicol_20141119_02.jpg

色鮮やかで美しく、さらに振る楽しみもある画期的なサラダ。気になった方はぜひ店舗まで足を運んでほしい。

詳細はこちら(http://nicolascharles.jp/)から。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング