Fashion

マルベリー 新クリエイティブディレクターに元セリーヌのジョニー・コカ起用

Johnny Coca
Johnny Coca
Image by: Mulberry

 「マルベリー(Mulberry)」が、新クリエイティブディレクターにジョニー・コカ(Johnny Coca)を起用すると発表した。昨年エマ・ヒル(Emma Hill)が辞任し空席となっていたポストだが、2015年7月8日付で「セリーヌ(CÉLINE)」でヘッドデザインディレクターを務めていた同氏が就任。チェアマン兼CEOのゴッドフリー・デービス(Godfrey Davis)の下、全コレクションを担当する。

— ADの後に記事が続きます —

 ジョニー・コカは、セリーヌのフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)の元で、レザーグッズやシューズ、ハードアクセサリー、ジュエリー、サングラスのヘッドデザインディレクターを務めていた人物で、イギリスのセントラル・セント マーチンズ(CENTRAL SAINT MARTINS)で教鞭もとっている。クリエイティブディレクター就任について同氏は「最も素晴らしいイギリスブランドの一つであるマルベリーのクリエイティブディレクターとして、マルベリーのデザインを担当できることを嬉しく思います」とコメント。ゴッドフリー・デービスは「彼のこれまでのインターナショナルなラグジュアリーファッションの経験が私たちに新しいエナジーを与え、マルベリーが進化するための大きな一助となるでしょう」と語っている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング