Fashion

MEG復帰「カロリナグレイサー」がビームスから再始動

CAROLINA GLASER 2015年春夏コレクションのルック
Image by: CAROLINA GLASER

 今春で休止していた「カロリナグレイサー(CAROLINA GLASER)」が、ビームスと組んで2015年春に活動を再開する。デザイナー兼プロデューサーには創業者のMEG(メグ)が復帰し、EC販売がメインのブランドとして"大人の女性が着やすい服"を提案していくという。2月上旬の発売に先駆けて12月2日、ビームスのウィメンズ展示会で最新コレクションが披露された。

 以前の「カロリナグレイサー」はビギと共同運営のもと実店舗を構えていたが、新生カロリナグレイサーでは、ブランド立ち上げ当初から注力していたウェブに特化。ターゲットは25歳〜35歳くらいの女性で、仕事などで多忙な人が多いため、手軽で日常に取り入れやすいリアルクローズを目指したという。シーズンごとのテーマは設けず、今の気分に合わせたコレクションを発表していく。今季はモノトーンをベースに淡いピンクやミントカラーの差し色で温かみを追加。シャープな中にもチュールなどでトレンドを適度に取り入れており、手持ちの服との相性も考慮した。ウェブの特性を活かしたMDを組んでいるため、商品の型数は以前よりも凝縮。価格帯にも手軽さを意識して、トップスは7000円後半〜、ワンピースは20,000円後半、ボトムスは10,000円中頃〜20,000円中頃で展開する。スウェットは12月4日に発売予定。

 ビームスにとってもECに特化したブランドは今回が初めて。MEGと共に新生カロリナグレイサーに携わるBEAMS創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義は「ビームスにとっても挑戦になる。良い前例を作りたい」とコメントしており、南馬越シニアクリエイティブディレクターがセレクトしたブランドとMEGがコラボレーションするコレクションも一つのラインとして確立させ、メインのカロリナグレイサーと2本軸で商品を販売していく。

 12月20日に予定する展示会イベントでは、MEG自身も約54万人(2014年12月現在)のフォロワーを抱えるWEARからユーザーを招待して連動型の企画を実施。双方向でコミュニケーションがとれる企画を今後も継続して行っていくという。

■CAROLINA GLASER
 公式サイト

■CAROLINA GLASER最新コレクション展示会イベント 概要
 日程:2014年12月20日(土)12:00~16:30の3部制
 場所:EDIT LIFE TOKYO
    東京都渋谷区神宮前2-27-6

申し込みフォーム

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング