Fashion

NYコレクションに挑戦する「東京ランウェイ」マスターマインドの新ブランド参加決定

mastermind feat. A-GIRL'S
mastermind feat. A-GIRL'S
Image by: 東京ランウェイ実行委員会

 2015年2月のNYファッションウィークに初参加する「東京ランウェイ」の参加ブランドが決定した。ブランド休止中の「マスターマインド・ジャパン(mastermind JAPAN)」のデザイナー本間正章が手がける新ブランドなど、全7ブランドが新作コレクションのランウェイショーを開催する。

— ADの後に記事が続きます —

 「TOKYO RUNWAY MEETS NEW YORK(東京ランウェイ・ミーツ・ニューヨーク)」は、2月19日にリンカーンセンターを会場に開催される。参加ブランドは、すでに発表になっている「ドレスキャンプ(DRESSCAMP)」「アウラ(AULA)」「ハンアンスン(HAN AHN SOON)」「ダブル スタンダード クロージング(DOUBLE STANDARD CLOTHING)」「フィグ アンド ヴァイパー(FIG&VIPER)」に加え、新たに「mastermind feat. A-GIRL'S」と「リッチミーニューヨーク(Riccimie NEW YORK)」の参加が決まった。初披露となる「mastermind feat. A-GIRL'S」は、「メイド イン ジャパンの底力を魅せたい」と考える本間正章が、世界から高い評価を得ている日本のカットソーメーカーA-GIRLʼSと組んで立ち上げたブランド。「新しいチャレンジ」として、スエットやジャージ素材のみでトータルルックを作る予定だという。

 これまで日本で開催してきた「東京ランウェイ」は、B to Cのイベントとして主に一般客向けに行われてきたが、NYでは世界中のバイヤーとジャーナリストを招いて新作コレクションを発表する。モデルのキャスティングもNYに一本化。NYコレクションに挑戦する理由についてプロデューサーの平藤真治は、「もう一度(日本の)マーケットを活性化する為には、ドメスティックブランドを芯から強くすることが必要だと感じました。その為には日本ブランドが少しでも早くグローバル化へシフトし、中国、ASEANへのマーケット進出と並行して、ニューヨークなどでのクリエイティブ文脈での世界発信を行う事が不可欠」と考え、日本ブランドのグローバル進出の継続的なバックアップを行っていくという。協賛はルミネ(LUMINE)とワコール、特別協力は資生堂、そしてメディアパートナーとして「NHK WORLD」の番組「東京ファッションエクスプレス」が加わり、世界約140ヶ国で放送が予定されている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング