senken plus

ハーブス 海外1号店をニューヨークに出店

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

12月初め、チェルシーに日本のケーキ屋さんのハーブスがオープンした。

ハーブスの外観。ストリートからウインドー越しに大きなケーキの入ったガラスケースが見えるので、人目を引きやすそう

ハーブスは日本国内で30店舗を運営し、海外出店はこれが初めて。周辺は落ち着いた住宅街。ギャラリーも多く、コムデギャルソンや人気の遊歩道ハイラインも徒歩圏内にある。

オープン初日の昼過ぎに行ってみると、すでに結構なお客さんが入っていた!

この日、11時にオープンしたが、12時過ぎにはもうこんな感じ


ハーブスを運営する株式会社重光の役員の武川英子さんによると、日本同様、宣伝はまったくしなかったそう。ソーシャルネットワークの活用もまったくしていなくて、ウエブサイトしかない。

武川さんも不思議に思ってお客さんに聞いてみたら、人材募集の広告を見て「自分は応募しないけどオープンしたら行ってみよう」と思っていたお客さん、そして工事中の様子を見てオープンを楽しみにしていたお客さんが多かったそうだ。オープン早々の混雑ぶりは幸先いい感じ!

ホールケーキは1つ100ドル前後

ケーキは日本とまったく同じで、とってもファンシーで大きい。地下で焼き、一切冷凍しないのがウリだ。

生クリームは5度の空気で泡立てるのが一番美味しいということで、生クリームを泡立てる部屋の温度を常に5度に保つことにもこだわっている。

HARBS-ny_04.jpg

とてもファンシーなルックスのチョコレートケーキ

武川さんによると、海外1号店の場所にニューヨークを選んだ理由は、「オーナーがニューヨークが大好きで、10年前からいつかニューヨークに出したいと思っていた。

ニューヨークは世界の首都と思う。自分たちの好きなところで根をおろして継続したい」とのこと。この物件、50坪あるが、見つけるのに5年かかったという。

ケーキに加え、サンドイッチも5種類出している。ちょうどランチタイムだったので、オムレツサンドイッチをいただいた。

HARBS-ny_05.jpg

サンドイッチは日本式のふわっとしたパンを使っている

ふんわりしたオムレツをはさんだボリュームたっぷりのサンドイッチ! 見た目もきれい!

HARBS-ny_06.jpg

朝11時から夜11時までオープンしているが、夕飯時のメニューもサンドイッチだ

ケーキは、さまざまなフルーツの入ったミルフィーユケーキがきれい!

HARBS-ny_07.jpg

ミルフィーユは日本でも人気が高い

レストランは60席ある。明るくクリーンで親しみやすいイメージだ。

HARBS-ny_08.jpg

奥の方にも席があって、落ち着いて話しやすい雰囲気

店の入り口には、ハーブスの名前の由来や社是のような説明が掲げられている。


HARBS-ny_10.jpg

ケーキ売り場からレストランに行くまでの通路に掲げられている

値段はちょっと高いが、ニューヨークには高くても大人気のミルフィーユ専門店があり、これからニューヨーカーたちにどのように受け入れられていくのか楽しみだ。

ちなみに私自身は、次回行ったらこのモンブランを食べてみたいと思っている。

HARBS-ny_11.jpg

栗がたっぷり使われていて美味しそう!

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング