Fashion

青文字系人気モデル三戸なつめが4月CDデビュー

 青文字系モデルの三戸なつめが、ソニー・ミュージックレーベルズ アソシエイテッドレコーズから4月8日にCDデビューする。三戸はきゃりーぱみゅぱみゅを輩出したモデル事務所「アソビシステム」の所属。「原宿のカリスマ」として2011年にデビューし大ヒットを記録しているきゃりーぱみゅぱみゅぱみゅに続く"原宿発の人気歌手"誕生となるか、注目が集まっている。

— ADの後に記事が続きます —

 奈良出身の三戸なつめは、雑誌merやCHOKi CHOKi girls 、関西girls styl'eなど多数の表紙を飾る人気モデル。トレードマークである短いパッツン前髪と関西出身のユーモアと親しみ易さから、雑誌の読者アンケートでは人気モデル1位に選ばれるなど10代・20代女子から支持を得ている。歌手デビューを目指し、2014年には歌手活動をスタート。9日にはデビューに先駆け、「大好き過ぎて作ってしまった」というお菓子の「キャベツ太郎」の応援歌「きゃべつのやつの歌」を発表した。自身の誕生日の翌日2月21日には、「誕生日だよ!なつめさん~本当は昨日が誕生日~」と題した自主企画イベントを開催し、スペシャルライブを行う予定だ。

 きゃりーぱみゅぱみゅは音楽プロデューサー中田ヤスタカ(capsule)がプロデュースを担当し、2013年に"ストリートカワイイ"カルチャー代表としてデビューした同事務所所属のUnaはサウンドプロデューサーをエレクトロユニット80kidz(エイティーキッズ)が務めていたが、三戸の楽曲やプロデューサーなどについては現段階では未発表。今後明らかになるという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング