Fashion

「文化屋雑貨店は陽炎に」原宿の老舗が40年の営業終了

閉店後の文化屋雑貨店 Image by FASHIONSNAP
閉店後の文化屋雑貨店
Image by: FASHIONSNAP

 原宿を拠点に愛された文化屋雑貨店が1月15日、40年の歴史に幕を下ろした。同店は昨年12月に今回の幕引きを知らせ、驚きや悲しみの声とともに多数のファンが来店。最終営業日の今日は通常19時までの営業を1時間ほど繰り下げて、創業者で名物店主の長谷川義太郎氏が顔なじみの元スタッフや常連客らとともに文化屋雑貨店の最後を見送った。

— ADの後に記事が続きます —

 高度成長期のイノベーションにあえて逆らうかのように古くからある雑貨を集め、一大ムーブメントを起こした文化屋雑貨店は、1974年、渋谷のファイヤー通りに最初の店を構え、89年から現在の裏原宿エリアで営業。「雑貨」という概念を掲げ、ファッションからものづくり、物流まで各方面に多大な影響を与えてきた。

 閉店の理由について、長谷川氏は「一度、平(たいら)になりたいと考えました。文化屋雑貨店は、全ての人の陽炎のような存在になれたら嬉しいです」と話しており、今後の活動は未定だという。「これからどうするの、とよく聞かれますが私自身は正直何も考えていません。ふと訪れる新しい出会いを楽しみにしています」と続けた。

■関連記事:原宿の文化屋雑貨店が40年の歴史に幕(2014年12月4日)

■文化屋雑貨店本店
 住所:東京都渋谷区神宮前3-28-9
 公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング