Fashion

藤原ヒロシ主宰フラグメントと山縣良和のリトゥン バイが異色コラボ

written by x Fragment Design

 藤原ヒロシ氏が主宰する「フラグメントデザイン(Fragment Design)」と、デザイナー山縣良和氏が手がける「リトゥン バイ(written by)」が、初めてコラボレーションすることがわかった。異色の2人だが、山縣氏が学生時代から藤原氏に憧れを持っていたことから雑誌「装苑」で対談が実現するなど、ファッションを通じた交流をきっかけにコラボアイテムの制作に至ったという。

 「リトゥン バイ」は、「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)」を手がける山縣氏が、リアルクローズを展開する新ラインとして、2014-15年秋冬シーズンにスタート。デビューコレクションでは、蟹の刺繍が入ったスウェットなど独自の感性が反映されたベーシックアイテムが人気を集めた。山縣氏は2014年の「リトゥン バイ」立ち上げ前に行ったインタビューで、自身のファッションのルーツを振り返って「高校の文集で『目指せ藤原ヒロシ(さん)』と書いていた」ということを明かしており、憧れの存在だった藤原氏に会うことが出来たことを「夢が叶った」とコメント。同年には藤原氏がディレクションを手がけたコンセプトストア「ザ プール 青山(the POOL aoyama)」がオープンしたこともあり、新企画としてコラボレーションの話が持ち上がったようだ。

 初のコラボアイテム「リトゥン バイ x フラグメントデザイン」は、大判のスカーフ1型。山縣氏が、フリーマーケットをイメージしてデザインしているシリーズの新作として、藤原氏がディレクションを担当した。ブルーシートの上に、藤原氏がセレクトした本が配置されているデザインで、中央には「フラグメントデザイン」のサンダーマークが施されている。コットン製で両ブランドのネームが付き、価格は2万円(税抜)。「ザ プール 青山」とハニカムのオンラインストア「JUST LIKE HONEYEE」などで、2月15日から限定販売が予定されている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング