Fashion

H&Mが台湾初上陸 1号店オープンに1200人以上が行列

H&M 台湾1号店 オープン時の行列
H&M 台湾1号店 オープン時の行列
Image by: H&M

 スウェーデン発「H&M」が台湾に初上陸し、1号店を台北市信義区にオープンした。初日の2月13日には、開店前に1200人以上が行列。台北市内には近年、大手衣料品チェーンが続々と進出している。

 

 「H&M」の旗艦店となる台湾1号店は、信義区のショッピングエリアに2014年10月にオープンした商業施設「微風松高(Breeze SONG GAO)」に入店。約2900平方メートルの大型店で、メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビーのウェアをはじめ、アクセサリーやホームコレクションもそろえる。「旧正月」と呼ばれる春節を2月19日に控えていることから、オープンに合わせて「チャイニーズ ニューイヤー コレクション」を用意。初日は店舗スタッフのダンスとテープカットでオープンを祝い、2日間は深夜まで営業した。

 信義区は近年、日本の「ユニクロ(UNIQLO)」と「ジーユー(GU)」をはじめ、スペイン発「ザラ(ZARA)」や米発「ギャップ(GAP)」といった大手SPAブランドの激戦区となっている。さらに、米発「フォーエバー21(FOREVER21)」の進出も噂されており、今後もファストファッション商戦が過熱しそうだ。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング