Fashion

「ヘザー(Heather)」コミュニケーションディレクター導入 モデル宮城舞を起用

Heather初のコミュニケーションディレクターに就任した宮城舞
Heather初のコミュニケーションディレクターに就任した宮城舞
Image by: アダストリア

 「ヘザー(Heather)」が、ブランド初のコミュニケーションディレクターとしてViVi専属モデルの宮城舞を起用した。シーズンディレクションや商品開発のアドバイス、 シーズンキャンペーンの立案、 ブランドイメージの構築、 ノベルティの制作などに携わっていく予定。

 

 ポイントなどを前身とするアダストリアが展開する「ヘザー」は、ミーハー感とトレンド性の2つの特徴を強化するため、「ブランドイメージを体現・表現するブランドアイコン」であるコミュニケーションディレクターを3月1日から導入。ファッションへの考え方がブランドとマッチしており、メインターゲットの女子大学生から支持されていることなどから、宮城舞を起用したという。

 2月18日に行われた「ヘザー」の店長会議では冒頭に、宮城舞のコミュニケーションディレクター就任が発表され、会場は大盛り上がり。「温かく迎えてもらえて素直に嬉しい」という宮城舞は、「服が好きでコラボとかもやらせてもらっていたが一から作るのは初めてなので、教えてもらいながら、持ってるアイデアを出して皆さんの役に立っていきたい」と抱負を述べた。

 ららぽーと富士見店のオープンを記念して4月11日には、 就任後初となる来店イベントも予定している。

ヘザー公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング