Art

学生のトップを決めるデザインコンペ「JAGDA学生グランプリ2015」開催

JAGDA学生グランプリ2015 Image by JAGDA
JAGDA学生グランプリ2015
Image by: JAGDA

 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、日本全国のデザインを学ぶ学生の中から頂点を決めるコンペティション「JAGDA学生グランプリ2015」を開催する。日本国内の高等学校、各種専修専門学校、大学、大学院に在籍している生徒・学生を対象に行われるコンペティションで、8月28日に授賞式を実施。6月5日まで応募作品を募集している。

— ADの後に記事が続きます —

 JAGDA学生グランプリ2015は、JAGDAが主催を務めるデザインコンペティションで、今年のテーマは「JAPAN」。東京オリンピック・パラリンピックや海外訪日客急増など、さらに注目を集める日本を新しい切り口で表現するような作品を募集しているという。

 審査は、「ロッテ・ミントガムシリーズ」などを手がけた佐藤卓や、グラフィックデザイナーの色部義昭など第一線で活躍しているクリエイターが行う。グランプリ1点に加え、準グランプリ3点、優秀賞10点、入選100点が選出され、準グランプリ以上の作品は年鑑「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2016」に掲載される。

■JAGDA学生グランプリ2015
応募資格:2015年現在、日本国内の高等学校、各種専修専門学校、大学、大学院に在籍している生徒・学生(年齢不問、2015年3月卒業者も含む)
応募作品:B1ポスター作品
応募点数:制限なし(シリーズ作品は、3点までを1作品として応募可)
応募料:1点につき1,000円(シリーズ作品は構成枚数×1,000円)
※JAGDAスチューデントメンバーは、9点まで無料
応募方法:JAGDA公式サイトの応募申込フォームから申込み
応募締切:2015年6月5日(金)
作品提出日:配送搬入2015年6月4日(木)・5日(金)必着/直接搬入2015年6月6日(土)11:00~17:00
審査結果発表: 6月19日(金)にウェブサイトにて発表(入選者のみ書面で通知)
URL

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング