Business

空前のスニーカーブームで「ABCマート」と「靴下屋」が増収増益

イメージ
イメージ
Image by: Fashionsnap.com

 エービーシー・マートとタビオが今週それぞれ通期の連結業績を発表し、揃って大幅な増益となった。いずれも盛り上がり続けるスニーカーブームが業績を押し上げた要因のひとつで、フットウェア業界が好調だ。

 

 2015年2月期のエービーシー・マートは、ファッション性の高いスニーカーとランニング系パフォーマンスシューズの販売を強化したことで、売上高は2,100億円を超え営業利益は過去最高を更新。スニーカー人気の高まりを背景に、ウィメンズの新業態となるセレクト系ストア「シャルロット(Charlotte)」やメンズ向け新規事業「ビリーズ エント(BILLYS ENT)」を立ち上げるなど、新たな店舗展開にも取り組んだ。全体として商品の平均単価は上昇しており、客単価は前期比5.8%の増加で、「エア マックス」や「スタンスミス」のような高価格帯スニーカーが売れているという。シューズを扱う全国展開の小売では「シュープラザ(SHOE・PLAZA)」を手がけるチヨダも今期の業績を発表したが、ブーツやレディースサンダルといった季節商品販売の落ち込みが影響し、靴事業の営業利益は同19.0%の減少。スニーカーブームへの対応で業績に明暗が出たようだ。

 スニーカー人気はソックス市場にも好影響を与えており、「靴下屋」や「タビオ」を展開するタビオの2015年2月期は増収で、営業利益は前期から37.3%増加。スニーカースタイルのトレンドで例年になく靴下に関する話題が多く取り上げられ、足元のカジュアル化に対応する商品を投入したことなどが奏功し、上期を中心に売上が好調に推移した。次期も増収増益を見込む。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング