Fashion

「ナイキ エア リフト」復刻 オールホワイトなど現代モデルも

新色
新色
Image by: ナイキ

 ナイキが、1996年に発表した「ナイキ エア リフト」を復刻する。スニーカーとサンダルを融合させたようなデザインが特徴の同モデルは、親指部分を分割したユニークなデザインや伸縮性のあるフィット感が話題を呼んだ名作。今回、ケニアの国旗色を取り入れた当時のオリジナルカラーをはじめ、現代の感性を落とし込んだ新しいカラーを加えるほか、専用ソックスも取り扱う。

 

 「ナイキ エア リフト」は、世界の競技大会を席巻したケニアの長距離ランナーの多くが行う独特の素足ランニングに着想。俊足なランナーたちの出身地にちなんで、リフト・バレー州という地名をもとにしたシューズ名になっている。ネーミングに加えて同国の地形もシューズのデザインに生かされ、親指とそれ以外の指を分割することで屈曲しやすくしたデザインは、ケニアが誇るグレート・リフト・バレーの断層にヒントを得たという。また、かかとと中足部の2つのベルクロ製ストラップがフィット感を調節でき、足をしっかりと安定させる。

 オリジナルカラーは、4月27日にNIKE.COM/SPORTSWEARとナイキ スポーツウェアの一部取扱店で販売開始。5月4日以降、メンズとウィメンズの新カラーが発売される。価格は各9,000円(税抜)。

NIKE.COM 公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング