Fashion

代官山の人の流れを変える?新商業空間「ログロード代官山」東横線跡地にフレッド・シーガルなどオープン

Update:

 「タルティーン ベーカリー&カフェ」国内1号店と「ブルーボトルコーヒー」キヨスク型コーヒースタンドの出店は中止に。同店舗が入る予定だった5号棟には、鎌倉市に店舗を構えるレストラン「ガーデンハウス(GARDEN HOUSE)」の新店舗が6月下旬にオープン予定。(6月2日 更新)

■GARDEN HOUSE CRAFTS(ガーデンハウスクラフツ)
 住所:東京都渋谷区代官山町13番1号
    LOG ROAD DAIKANYAMA 5号棟
 営業時間:7:30-20:00 (LO.19:00) ※予定
 定休日:不定休
 座席数:店内16席、オープンテラス48席
 提供メニュー:デリ、サンドウィッチなど

【関連記事】全米No.1ベーカリー「タルティーン ベーカリー&カフェ」国内展開を延期

代官山駅側の入口
代官山駅側の入口
Image by: Fashionsnap.com

 東横線の線路跡地を活用した新たな商業空間「ログロード代官山(LOG ROAD DAIKANYAMA)」の第一弾エリアが、4月17日の開業に先がけて公開された。全長220メートルに立ち並ぶ5棟の商業店舗には、アメリカ西海岸を代表するライフスタイル複合セレクトモール「フレッド・シーガル(Fred Segal)」等の初上陸を含むショップやレストランが出店。空間が抜けた細長い形状を活かし、散策路を設けるなどして公園のような憩い場所を創出する。

 

 「ログロード代官山」は渋谷に続く代官山町エリアの住宅街に位置し、自分なりのこだわりを持つ子ども連れや20代・30代のカップル、シニア層を含む大人がコアターゲット。各建物はコテージをイメージさせる低層の造りで、散策路に沿ってベンチが多く設けられている。

 路面店のように並ぶ5棟のうち、最も代官山駅側の1号棟「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」はキリンビールの新業態となるブルワリー(小規模ビール醸造所)併設のオールデイダイニングで、6種類のクラフトビールの他にも実験的なメニューを提供。スタッフが着用するエプロンにデザイナー小野塚秋良が手がけるユニフォームブランド「HAKUI by SEVEN UNIFORM」のアイテムを採用するなど、ハイセンスな店内を演出する。2〜4号棟はフレッド・シーガルで、ポートランドのドーナツ行列店を併設する「THE MART AT FRED SEGAL」、アパレルから雑貨まで展開する「Fred Segal WOMAN」、2フロア構成の「Fred Segal MAN」が順に並ぶ。奥の5号棟には全米No.1のベーカリーと評価を受ける「タルティーン ベーカリー&カフェ(TARTINE BAKERY & CAFE)」が5月以降にオープン予定。7時半〜20時の営業時間内に、日本の素材を活かした焼きたてパンを定期的に提供するといい、店内には「ブルーボトルコーヒー」のキヨスク型コーヒースタンドを設ける。

 「ログロード代官山」はブランドプロデューサーを務める柴田陽子を中心にプロジェクトメンバーが構成されており、建築デザインはジェネラルデザインの大堀伸、基本計画はTHINK GREEN PRODUCEの関口正人、ランドスケープデザインはDAISHIZEN/SOLSOの齊藤太一が担当。事業主は東急電鉄で、近年の代官山エリアは蔦屋書店のある「代官山T-SITE」周辺が注目されているが、新施設によって代官山町エリアにも人の流れを増やすことで「(代官山の)価値をより向上させていく」という。同社は渋谷区で駅周辺の大規模再開発も進行しているが、「渋谷駅ピンポイントで開発するのではなく、代官山や原宿など広域渋谷圏として活性化させていく」といい、その中でログロード代官山は重要な拠点になると広報担当者は語る。

■ログロード代官山
 所在地:東京都渋谷区代官山町13番1号
 敷地面積:約3,200m2
 建築面積:約1,300m2
 店舗延床面積:約1,900m2
 店舗棟数:5棟

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング