Fashion

初上陸グルメからシネコンまで、二子玉川ライズの新商業施設 第1弾エリアが公開

季節によって装飾が変わる大階段 Image by Fashionsnap.com
季節によって装飾が変わる大階段
Image by: Fashionsnap.com

 商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」が4月24日の開業に先がけて公開された。駅から公園につながる全長1キロの歩行者専用通路「リボンストリート」に沿って、最新設備を導入したシネマコンプレックス、スペインの老舗グルメストア「パステレリア マヨルカ(以下、マヨルカ)」の日本1号店など18店舗が出店。代官山蔦屋書店のエッセンスを活かして雑誌・書籍とカフェ、家電をミックスした新業態「蔦屋家電」は、第2弾エリアとして5月3日のオープンを予定している。

— ADの後に記事が続きます —

「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」は、2007年にはじまった約11.2ヘクタールにおよぶ都内最大級の民間再開発事業において第2期の一環を担っており、施設面積は低層棟の地下1階から4階まで約21,000平方メートル。核テナントとして、ファーストクラスの映像体験ができるデジタルシアターを含め約1,665席設置した「109シネマズ」やエリア最大級のマシンジムと25メートルの本格的プールを完備した総合型フィットネスクラブ「アトリオドゥーエ」が出店する。他にも、マドリッドで13店舗を展開するスペイン王室御用達のグルメストア「マヨルカ(Mallorca)」やスマイルズによるファミリーレストラン「100本のスプーン」の都内1号店等の飲食・カフェ業態から、ユナイテッドアローズが"ファッション×スポーツ"を提案する「アンルート(EN ROUTE)」のSC1号店、通販サイト「DIYツールドットコム」を運営する大都のリアル店舗「DIY FACTORY」、産地直送の野菜を販売するマルシェを軸に食器や雑貨等も扱う「Gardens marché」などのライフスタイル発信型ショップが、路面店形式で並ぶ。

同商業施設に隣接する高層棟には、楽天をはじめとするオフィスとその上層階にはエクセルホテル東急(7月17日オープン)を導入予定。放送スタジオと多目的ホールの機能を併せ持つ「iTSCOM STUDIO&HALL」前には賑わいを創出する中央広場、二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケットの低層棟上部には約6,000平方メートルの広大なルーフガーデンを設け回遊性を高める。

2011年3月の第1期事業で開業した二子玉川ライズ・ショッピングセンターは、昨年度の来館者数が19,000人を突破し、売上高は過去最高の278億円と2013年から右肩傾向。第2期事業は総工事費392億円をかけて進行しており、21日に行われた会見で東急電鉄の野本弘文社長は「二子玉川は住みたい沿線のトップ10に常に入ってきたが、今回これにプラスして、働きたい街が実現できるのでは。クリエイティブ・シティの実現を目指し、クリエイティブな発想を連鎖しながら生み出せるコンテンツを様々な部分に仕掛けた」と述べた。再開発地区のデザイン監修は、イギリスのコンラン&パートナーズが行っている。

■出店テナント
109シネマズ二子玉川(東急レクリエーション)/アトリオドゥーエ二子玉川(東急スポーツシステム)/蔦屋家電(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)/マヨルカ(マヨルカ・ジャパン)/シナボン/シアトルズベストコーヒー(ブランドパートナーズ)/一風堂(力の源カンパニー)/かしわ(ソルト・コンソーシアム)/バビーズ(M・R・S)/100本のスプーン(スマイルズ)/ガーデンズマルシェ(吉田観賞魚販売)/ディーアイワイファクトリー(大都)/アンルート(ユナイテッドアローズ)/アクタス(アクタス)/ザラホーム(ザラホーム・ジャパン)/ローソン+トークス(東急ステーションリテールサービス)/ファス(キュービーネット)/図書館カウンター二子玉川(世田谷区)/楽天カフェ(楽天)

二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット 公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング