Fashion

創設21年で初の路面店 ユナイテッドアローズ自主レーベル「モンキータイム」が原宿にオープン

外観
外観
Image by: Fashionsnap.com

 ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)から派生したオリジナル企画レーベル「モンキータイム(MONKEY TIME)」の路面1号店が、4月25日に原宿にオープンする。セレクトショップが展開するオリジナルブランドの先がけとして1994年にスタートした同レーベルだが、原宿店ではエリア特有のファッション感度が高い客層へのアプローチを目的に、買い付け商品の構成比を増やし「スペースの問題からこれまで置くことが出来なかった商品も並べ、発信力を高める」(中山晶一郎ブランドディレクター)という。

 

 キャットストリートと明治通りの間の裏路地に位置する原宿店は、白で統一されたモダンな外観が目を引く新築物件の1階に出店。エントランスや什器の足に小石を用い、竹のインテリアや木材を並べた天井など和のテイストを散りばめ、店装には「ユナイテッドアローズのDNA」を反映させた。

 2012年9月からルミネエスト新宿店で営業するレーベル初の単独店ではオリジナルが7割を占めるが、広さ25坪の原宿店は5割が買い付け商品で、「アシックス ダイガー(ASICS Tiger)のような国内ブランドから日本初展開のアムステルダム発FILLING PIECES」といった海外ブランドまで、スニーカーをはじめとする小物のラインナップを拡充させた。他にも「チャンピオン(Champion)」や「リー(LEE)」等の"王道"、ロンドンの「Clothsurgeon」やLAの「チャプター(CH)」などをセレクトし、「モード」「ストリート」「スポーティ」を感じさせる約30ブランドを取り扱う。価格帯は、シャツが12000円〜22000円、カットソーが5800円〜22000円、パンツが11000円〜30000円、ジャケットが24000円〜58000円、アウターが18000円〜98000円。

 「その時代で旬な表現を角度を変え行ってきたことでここまで続いた」という中山ディレクターは、創設21年で初の路面店を設けた経緯について「16坪のショップ・イン・ショップスペースでは限られた見せ方しか出来なかったが、展開を広げていく上で置きたいアイテムが増え、世界観を発信する打ち出し方も必要だった」とコメント。映像を投影している店内中央のプレートをフレキシブルに動かすなどして、今後はイベントも実施していく。また「1年に1店舗のペースで、関西などにも店舗を増やしていけたら」と展望を語る。

■モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿店
 住所: 東京都渋谷区神宮前6-13-9
 オープン日: 2015年4月25日(土)
 TEL:03-5464-2773
 営業時間:平日 12:00〜20:00、土・日・祝 11:00〜20:00

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング