Fashion

モデル界に新星?ピンクヘアのモデルがルイ・ヴィトン最新ショーのラストルックに抜擢

フェルナンダ・リー
フェルナンダ・リー
Image by: LOUIS VUITTON

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2016年クルーズコレクションショーが、カリフォルニアのパームスプリングスで開催された。同ブランドの2015-16年秋冬コレクションのショーでデビューし、一躍脚光を浴びたモデルのフェルナンダ・リー(Fernanda Ly)が再び起用され、ラストルックのモデルとして抜擢。ピンクヘアが映える真っ黒のドレス姿でキャットウォークを披露し、会場に訪れた業界関係者に向けてより存在感を高めた。

 

 フェルナンダ・リーは、中国系のオーストライア人の18歳。母国オーストラリアで活動していたが、現在ではNYを拠点にモデルとして活動している。前回のショーのオーディションでニコラ・ジェスキエールに抜擢され、パリコレクションに初出演。顔が埋まるほどのボリュームがある白いファーを纏い、ランウェイに登場した。他にはない彼女自慢のピンク色の独創的なヘアカラーと抜群のスタイルで、ショー終了後に海外メディアを中心に一躍注目を集め、その後も「シャネル(CHANEL)」のショーモデルに起用されるなど、年々イットモデルとして注目が高まっていた。

 今回フェルナンダ・リーが起用された理由は明らかになっていないが、「ルイ・ヴィトン」はモデルの選定について「毎シーズン、ニコラ・ジェスキエールがルイ・ヴィトンのウィメンズ・コレクションのテーマで探究している旅や、多次元的な要素のミックスなどのテイストを体現するため、それらの要素を持ち合わせるモデル」を基準としているといい、彼女のスタイルが新生「ルイ・ヴィトン」の世界観に合致したのだろう。個性の強いフェルナンダだが、今回のラストルック出演をきっかけに、2015年は他ブランドでも活躍の場が増えそうだ。

LOUIS VUITTON 16年クルーズコレクション

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング