Art

インスタグラムが世界規模のフォトコンテスト開催 著名写真家が審査員に

メインヴィジュアル
Image by: ゲッティ イメージズ ジャパン

 インスタグラム(Instagram)とデジタルコンテンツを世界100ヶ国以上に提供するゲッティ イメージズ(Getty Images)が、共同で世界規模のフォトコンテストを実施する。両社にとって過去最大規模での開催となり、審査にはTIME誌のフォトグラフィー担当ディレクターKira Pollackや「ナイキ(NIKE)」の広告写真などで知られるMalin Fezehaら著名フォトグラファーが参加。応募はグリニッジ標準時間2015年6月4日午後11時59分まで受け付け、9月に上位入選者3名が発表される。

 コンテストは、全世界で3億人が利用し一日7,000万件を超える写真や動画が投稿されているインスタグラムで、まだ十分に評価されていないフォトグラファーを発掘するとともに、経済的・技術面でのサポートを目的に企画。アカウント全体で公開されている既存の作品の品質や撮影スキル、表現力を評価し、3名の上位入選者を決定する。審査員はKira PollackやMalin Fezehaに加えて、Miami Herald紙の前フォトグラフィー担当ディレクターMaggie SteberやNational Geographic誌のフォトグラフィーフェローDavid Guttenfelder、New York TimesやWall Street Journalをクライアントに持つRamin Talaieら5名。応募方法は、ゲッティ イメージズのサイト上で略歴やアプローチ、スタイル、カバーストーリーに関する説明、コンテストに入選した場合のメリットに関する簡単な説明などの記入が必要となる。上位入選者3名はそれぞれ1万ドルが授与されるほか、ゲッティ イメージズ所属フォトグラファーによる指導を受けることが可能。また、9月にニューヨーク市で開催されるフォトビルフォトグラフィーフェスティバルでも入選者と作品が紹介される予定だ。インスタグラムのコミュニティ・ディレクターAmanda Kelsoは「プロフェッショナル・アマチュアを問わず、様々なフォトグラファーがインスタグラム上で公開されている作品に日々影響を受けています。また、あらゆる場所のフォトグラファーが創造力を高め、様々な角度の作品を通して、実験を行っています。今回のコンテストによって世界中のフォトグラファーの情熱を集約し、引き続きフォトグラフィーという技能を新たなレベルに押し上げていきたい」とコメントしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング