FACY

巷で話題のLevi's®66(ロクロク)モデルとは何か?

FACY

ショップスタッフのオススメが集まるファッションメディア

フォローする:

140 Years of the 501


最近、巷で66(ロクロク)という言葉をよく聞きませんか?この言葉、ジーンズ好きの中では一般常識的に使われていますが、実際何のことやら...と思っている人も多いのではないでしょうか。

デニムは今シーズンの一大トレンドですが、数年前までは下火にありましたし、その中でも売れていたのはLevi'sやLeeなどの老舗ブランドではなく、AcneやKitsuneなどのブランドデニム。10年前と比べるとヴィンテージの知識がない人は増えているように思います。

という私もヴィンテージの知識があるわけではないのですが、ただやっぱりヴィンテージが元になってるものを欲しいときは最低限の知識は持っておきたいもの。そこで今回は最近話題の、66(ロクロク)について説明してみたいと思います!

66model2_20150525.jpg

501 1966 model - Levi's Vintage Clothing


66(ロクロク)とは、1966年モデルのLevi's 501®のこと。140年以上の歴史があるLevi'sと、その代名詞でもある501はその歴史の中で何度も形を変えていきました。こちらの140周年記念サイトを見ると分かりやすいのですが、一括りに501といっても時代ごとに様々なシルエットやディティールのものが存在しています。

この66こと、1966年モデル501®は、1966年から1971年という短い期間にだけ製造されたモデル。ディティールの特徴は、リベットの代わりに採用されたバータックと、Big E レッドタブを併せ持っていること。

Big Eとは、レッドタブ(バックポケットに付いてるタブ)に大文字でLEVI'S®と表記されているものを言います。1971年に大文字表記から小文字表記のLevi's®に変更され、それ以降のものと以前のものを区別するためにこの呼び方が定着したようです。つまり、66モデルは最後のBig Eであり、Levi'sの歴史の中でも特別な位置にあるモデルということですね。

そのためファンも多く、66モデルをベースとしたものも多くのブランドからリリースされています。更にシルエットも上部に丸みがあり、レッグはテーパードと、今シーズンのトレンドにもマッチ。ということで、最近名前を聞くことが多かったのではないかなと思います。


66が気になった人は古着屋でオリジナルを探すのも良いですが、Levi'sの復刻ラインLEVIS VINTAGE CLOTHING(LVC)からもリリースされているものもおすすめです。かなり再現度が高く、是非そちらもチェックしてみてください!
Text_Yuya Iwasaki

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング