Fashion

クリスヴァンアッシュが自身のブランドを終了 ブランド休止が相次ぐ

デザイナー クリス・ヴァン・アッシュ
デザイナー クリス・ヴァン・アッシュ
Image by: Masahiro Murase

 今年で創立10周年を迎えた「クリスヴァンアッシュ(KRISVANASSCHE)」が、ブランド運営を終了することが明らかになった。販売は、2015年春夏コレクションをもって終了。デザイナーのクリス・ヴァン・アッシュは、アーティスティックディレクターを務めている「ディオール オム(DIOR HOMME)」に専念するという。

 

 クリス・ヴァン・アッシュは、1976年ベルギー生まれ。ファッションの名門校アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、1998年にパリに移住し、エディ・スリマン(Hedi Slimane)が手がける「Yves Saint Laurent」で経験を積んだ。その後、エディと共に「ディオール オム」に移籍。2005年1月に自身の名前を冠したメンズブランドを立ち上げ、ブランドを継続しながら2007年4月に「ディオール オム」のアーティスティックディレクターに抜擢された「クリスヴァンアッシュ」では「イーストパック(EASTPAK)」とのコラボレーションなどが人気を集め、2014年6月には20回目のショーを開催。しかし、今年2月にパリで発表された2015-16年秋冬コレクションについては生産する見通しが立っておらず、販売されない予定だという。

 今年に入り、国内では「スナオクワハラ(sunaokuwahara)」がエイ・ネットによる運営の終了を発表。国外では今週、LA発の「バンド オブ アウトサイダーズ(BAND OF OUTSIDERS)」が2015年春夏シーズンをもって休止することが明らかになった。相次ぐブランドの休止に、ファッション業界で驚きの声が上がると共に、改めてブランドを続けることの難しさや運営の厳しさが浮き彫りになっている。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング