Fashion

ファセッタズムがミラノで初のショー開催 アルマーニが支援

FACETASM 2015-16年秋冬コレクション
FACETASM 2015-16年秋冬コレクション
Image by: Fashionsnap.com

 ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)が、新進デザイナーを支援するプログラムで日本のブランド「ファセッタズム(FACETASM)」を選出した。デザイナー落合宏理は、6月22日にミラノで初のファッションショーを開催する。

 ジョルジオ アルマーニは、シーズンごとに異なるデザイナーを迎え、コレクションを発表する場としてベルゴニョーネ通りのシアター「アルマーニ テアトロ」を提供するプロジェクトを推進している。これまでにはアンドレア・ポンピリオ(Andrea Pompilio)といったイタリアにゆかりのあるデザイナーが選ばれてきたが、日本人デザイナーが選ばれたのは今回がはじめて。ミラノのメンズファッションウィーク中に開催されるショーでは、2016年春夏メンズコレクションの発表が予定されている。

 デザイナー落合宏理は1977年東京生まれ。2007年春に自身のブランド「FACETASM」を始動し、2012年春夏コレクションで初のランウェイショーを東京で開催した。以来、毎シーズンコレクション発表を続け、東京の若手デザイナーのトップランナーとして注目を浴びている。

>>FACETASM デザイナー 落合宏理のコメント
「私たちFACETASMを高く評価していただきましたことを、大変光栄に思います。インディペンデントな私達が、世界に挑戦していく意思を持って活動している中で、このような機会を頂けたことは最高の栄誉であり、大きなチャンスです。ミラノで発表する自分達のコレクションがオリジナルと評価され、センセーショナルな結果になるよう最大限の準備を東京でしています。ミラノでの公式スケジュールによる単独ショー、自分たちも楽しみでなりません。」

■FACETASMとは?:2015-16年秋冬コレクション(映像・画像)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング