Fashion

カルヴェンの創設者が105歳で死去

カルヴェン公式Facebookに投稿されたマダム・カルヴェンのスケッチ
カルヴェン公式Facebookに投稿されたマダム・カルヴェンのスケッチ

 フランスのブランド「カルヴェン(CARVEN)」の創設者マダム・カルヴェン(Madame Carven)ことカルメン・デ・トマソ(Carmen de Tommaso)が、6月8日に死去した。享年105歳。

 

 カルメン・デ・トマソは、1909年にフランスで生まれた。1945年にオートクチュールブランドとして「カルヴェン」を設立し、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)やPierre Balmain(ピエール・バルマン)といった当時のデザイナーらと共に20世紀後半のファッション界を牽引。女優のマルティーヌ・キャロルやエディット・ピアフらが顧客として名を連ねていた。1993年に84歳でデザイナーを引退し、モード界の第一線から退いている。

 「カルヴェン」は2010年にオートクチュールを廃止。デザイナーギョーム・アンリ(Guillaume Henry)の就任によりプレタポルテブランドとしてスタートした。15-16年秋冬シーズンからはデザイナーのアレクシス・マーシャル(Alexis Martial)とアドリアン・カヨド(Adrien Caillaudaud)を新アーティスティック・ディレクターに迎え、新たなスタートを切っている。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング