Fumitoshi Goto

米ギャップの175店舗閉鎖、開くオールドネイビーとの「差」

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■カジュアルアパレルチェーンのGAPは16日、北米の不採算店175店舗を閉鎖することを発表した。今年度中に140店舗をスクラップしたのち、残りの35店舗を来年度以降にスクラップしていく。GAPアウトレットとGAPファクトリーストアは対象外となる。北米店舗の4分の1に当たるスクラップによって、北米の店舗数はGAPが500店となる。なお、アウトレットは300店となっている。欧州でも一部の店舗を閉鎖する予定としている。店舗閉鎖によるリストラ数は発表していないものの、サンフランシスコにある本社スタッフ250人も削減する。今回の大幅なリストラ策により2016年以降に年間2,500万ドル程度のコスト削減に寄与するとの見方を示している。
GAPが先月発表した第1四半期(2月~4月期)決算ではGAPとバナナリパブリックの売上減が響き減収減益となった。売上高は前年同期比3%減となる36.6億ドル。純利益は同8%減の2.39億ドルだった。ブランド別既存店・売上高前年同期比は、GAPが10%減、バナナリパブリックが8%減、オールドネイビーが3%の増加となり、オンラインストアを含む全体の既存店・売上高前年同期比は4%の減少だった。GAPブランドの既存店ベースっは5四半期連続で前年を下回っている。なお、GAPブランドの北米売上高は約8億ドルであり、欧州やアジアを含めたGAPブランド全体(13.1億ドル)の約60%となっている。

トップ画像:GAPメンズでは4月、50%オフのセールを行っていた。GAPレディースは40%オフだ。40%以上の値引きが常態化すれば定価ではだれも買わなくなるだろう。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。GAPの売上高がオールドネイビーの売上高を下回るようになったのは2009年からです。第1四半期(2月~4月期)ではGAP売上高が13.1億ドルに対して、オールドネイビーは15.5億ドルでした。GAPが北米の不採算店175店をスクラップすれば3億ドルの売上減となり、ディスカウント衣料のオールドネイビーとの「差」は開くばかりです。H&Mやフォエバー21などファストファッションの全盛で消費者は以前ほどブランドにこだわりをもたなくなっています。特にGAPやアバクロなどのロゴは「恥ずかしい」とさえ見る向きがあり、ファッション・ブランドのアイデンティティ(個性)にはこだわりはありません。若い世代はスマートフォンなどガジェットにお金を投じており、ファッションのプライオリティは下がっているのです。そこにきてGAPはトレンドをつかめず、今の消費者とも「隔たり」があります。
でGAPが175店も閉鎖することで、はショッピングセンターにも「切れ目」を作るのです。「差」に「隔たり」に「切れ目」とGAPの店名を変えるしかない?

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング