Fashion

フェンディ、パリに続き東京国立博物館で全てファーのクチュールコレクション発表

FENDI Haute Fourrureコレクション
FENDI Haute Fourrureコレクション
Image by: Fashionsnap.com

 「フェンディ(FENDI)」が、パリで発表したオートクチュールコレクションHaute Fourrure(オートフリュール)を東京で披露した。会場は上野の東京国立博物館。カール・ラガーフェルドとフェンディの協業50周年及びフェンディの日本上陸50周年を記念して開催された。

 

 パリで開催されたショーを再現したコレクションでは、セーブルやミンクなど最高品質のファーを全ルックに使用し、ドレスからガウン、アクセサリーまで幅広く展開。1925年の創業以来90年の歴史を持つ伝統的な技術に、メタリック素材やPVCといった未来的な素材を織り交ぜ、モダンなスタイルを作り上げた。

 フィナーレには、創業家のシルヴィア・フェンディが職人と共にランウェイに登場。アフターパーティーでは、アジア各国から招かれた顧客らに新作を披露する展示スペースも設けられた。

FENDI Haute Fourrureコレクション全ルック

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング