Art

原宿カルチャーを凝縮「カワイイモンスターカフェ」店内公開 虹色パスタやケーキを提供

Update:

【4/22追加】オープンから8ヶ月で来店客数10万人突破。 4月29日(金)から5月8日(日)までの期間、「ピンクキャットフード ソフトクリーム」などGW限定メニューを販売

 増田セバスチャンがプロデュースする「カワイイモンスターカフェ(KAWAII MONSTER CAFE)」が7月30日、プレス向けに店内が公開された。カラフルに彩られた店内では4つの異なるテーマで原宿カルチャーを体現。ビジュアルアイコンとなる「モンスターガール(MONSTER GIRL)」5名も初披露し、原宿の新名所として国内外から集客を狙うという。オープン日は8月1日。

(前列左から)AMIAYA、増田セバスチャン、松村厚久氏、(後列)お披露目されたモンスターガール Image by FASHIONSNAP
(前列左から)AMIAYA、増田セバスチャン、松村厚久氏、(後列)お披露目されたモンスターガール
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 「カワイイモンスターカフェ」は、都内最大級の規模となる約700平方メートルで展開。店内は「モンスターの胃の中」という設定で、エントランスはイメージキャラクター「チョッピー(Mr. Tenthousand chopsticks)」の舌をイメージしているという。店内中央には、巨大なケーキ型メリーゴーランド「SWEETS GO ROUND」を設置。4つのゾーンは毒々しいキノコと宇宙植物で覆われた大きな森を意識した「マッシュルームディスコ(MUSHROOM DISCO)」、ウサギやヒツジ、ユニコーンの頭上と大量の哺乳瓶で装飾されたベビールーム「ミルクスタンド(MILK STAND)」、暗い照明のなかでクラゲが怪しく光る「バー エクスペリメント(BAR Experiment)」、マカロンやアイスクリーム、チョコレートをパステルの色調でデコレーションした「メルティールーム(Mel-Tea ROOM)」など、個性的なコンセプトで構成する。メニューでも増田セバスチャンの世界観を体現し、虹色のパスタやケーキ、パフェなどをフォトジェニックに仕上げるという。

 増田セバスチャンは、国内だけではなく訪日外国人が「原宿をそのまま楽しめる」場所として、同カフェをダイヤモンドダイニングとともに企画。モンスターガールを含め店員は英語や韓国語といった他言語を話せる人を揃え、メニューに巻き寿司をラインナップするなどインバウンド需要も狙うという。増田セバスチャンは「他の人気スポットは海外からやってきた所が多いが、『カワイイモンスターカフェ』は日本のクリエイティビティだけで勝負している」と自信を見せ、キーヴィジュアルを務めるAMIAYAも「間違いなく原宿の新しい観光スポットになる」と話している。

■KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU
住所:渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエアビル 4F
TEL:03-5413-6142
営業時間:11:30〜22:30(L.O 22:00)最終入店 21:30
時短営業時間:11:30〜18:00(L.O 17:30)最終入店 17:00
       ※8月1日〜4日まで期間限定
定休日:年中無休
総席数:193席
総面積:212坪
平均客単価:2,500円
ゾーンチャージ:500円/人(4人用及び6人用のBOXシート利用の場合は席数×500円)
時間制:90分制

公式サイト

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング