Fashion

資生堂パーラーの洋菓子シリーズ、25年ぶりにパッケージを刷新

Image by 資生堂パーラー
Image by: 資生堂パーラー

 資生堂パーラーが、25年ぶりに洋菓子シリーズの包装資材・パッケージを刷新する。「銀座アヴァンギャルド」をコンセプトに"銀座の前衛"を目指し、1990年に現在のパッケージを完成させたグラフィックデザイナー仲條正義とともにデザイン。新パッケージでの販売は2015年10月1日から。

 新パッケージは、ストライプや菓子の個性を際立たせるモチーフをベースに、「健康的な明るい色と黒の対比」や「唐草模様」を取り入れることで、伝統的でありながらも新しく、一目見て中味がわかりやすいデザインに仕上げたという。パッケージだけではなく、中身も「より質の高い素材の追求」「レシピの見直し」「おもてなしサイズ(個包装)やスライスによる食べ易さへの配慮」を軸に、美味しさを極めることに注力した。手土産としても重宝されている「チーズケーキ」は主要原料を見直しよりエレガントな味わいに、昭和初期から同社が誇りを持って作り続けてきたという「花椿ビスケット」は缶のデザインを進化させ若々しさを加えるなど、世界を視野に100年先も愛される洋菓子を目指す。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング