秋冬ファッションは"長さ"に注目 トレンドは「ロング」

RBS 2015-16年秋冬コレクション
RBS 2015-16年秋冬コレクション

 今年の秋冬ファッションは「ロング」がキーワードになりそうだ。コートやスカート、そしてブーツなど、多くのブランドやショップからロング丈のアイテムが打ち出されている。

 春から続く70年代ファッションやフォークロアといったトレンドの流れから、秋冬シーズンは"ロング&リーン"の縦長シルエットを完成させるロング丈のアイテムに注目が寄せられている。海外では「マルニ(MARNI)」「クロエ(Chloé)」「ステラ・マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」「ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)」といったブランドが、リュクスな素材をたっぷり使用したマキシ丈のスーパーロングコートや、"ロング&リーン"のフォルムを提案。国内でも「ビューティフル ピープル(beautiful people)」「チノ(CINOH)」といったコレクションブランドが、ロング丈のスタンダードアイテムで新鮮なレイヤードスタイルを打ち出している。

 ロングスカート、ロングワンピース、ロングコートなどを豊富に展開するビームスのオリジナルブランド「RBS」ディレクターの濱中鮎子氏は、秋冬ファッションについて「可能な限り長いものを選ぶと旬のスタイルになる」と話す。スタイリングのポイントとして「デザイン性のあるアイテムをトップに持ってきたり、ボリュームのあるシューズやアクセサリーを合わせてロング丈の重さを分散させるとバランスを取り易い」とし、特に注目されているロングコートについては「デザインベルトでウエストマークするのもおすすめ」だという。春夏からヒットしているガウチョパンツやワイドパンツといった、フレア感のあるロングボトムのトレンドも続きそうだ。