Art

ザハ・ハディド事務所が新国立競技場について動画公開、政府に白紙撤回の再検討促す

動画より ※Zaha Hadid
動画より ※Zaha Hadid

 建築家のザハ・ハディド(Zaha Hadid)の事務所が、白紙撤回された新国立競技場の建設計画に関して、約23分に渡る日本語の動画ビデオを公開した。動画の中では、過去2年間に渡り構想が練られた新国立競技場の設計概要を説明し、政府に対し撤回の再検討を促す内容になっている。

 

 動画では、冒頭にデザイナーのザハ・ハディド本人が登場し、日本にとって新国立競技場は長く"レガシー"として引き継がれていく建築物として重要であることをコメント。その後は、日本語のナレーションとともに図形やイメージなどで、デザイン設計の詳細が説明された。動画では「1からデザインをやり直すことは不必要なリスクを招くだけ」とし「政府は撤回を再検討する価値がある」と提言。また、施工業者間の競争を高めることで工事費を抑え、デザインの基本的な方針を変えることなく予算に合わせたリデザインが可能、といった主張を展開している。


最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング