Fashion

「家族で買い物を楽しめるお店に」古着屋デプト2号店オープン

eri Image by FASHIONSNAP
eri
Image by: FASHIONSNAP

 伝説の古着屋「デプト(DEPT)」の2号店「デプトアットバカント(DEPT@VACANT)」が、オープンした。創始者の永井誠治の娘で「マザー(mother)」のデザイナーeriが手がけるショップで、弟の永井祐介が運営するVACANT内に出店。中目黒にある1号店「DEPT TOKYO」で取り扱いのないキッズアイテムを展開することで、親子で買い物を楽しめる空間に仕上げられている。

— ADの後に記事が続きます —

 VACANT1階に入るデプトアットバカントでは、ヨーロッパやアメリカなどでeriが買い付けてきた様々な古着を展開。「年代問わず良いと思ったものを買い付けています」と語るように、店内には独自の感性でセレクトしたアイテムが並ぶ。DEPT TOKYOに比べメンズの比率が高く、オリジナルアイテムも豊富に用意されており、アメリカで買い付けてきたスウェットをむら染めしたトップスやロゴ刺繍が入ったTシャツ、eri自ら手描きで仕上げたハンドプリントレザーシューズなど販売されている。

 古着人気が高まりつつある現状についてeriは「今は同じモノを持つことが簡単で当たり前の時代ですが、人間は欲深いので、そうなると人と違うモノがほしくなり、その結果1点モノや古着を好む人が増えてきているのではないかなと。確かに古着の人気が高まっていると人からよく聞くようになりましたが、こうした状況を踏まえると世界に1つしかない希少性の高いモノに魅力を感じるようになるのは自然の流れだと思います」とコメント。また今年4月にオープンしたDEPT TOKYOも好調のようで、今後については「店舗を増やすことはせず、今ある2店舗の運営に力を入れていきたい」と語っている。

■DEPT@VACANT
住所:〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前3-20-13 1F
営業時間:12:00-20:00
定休日:月曜日

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング