Fashion

マイケル・ジョーダンが11年ぶり来日 ナイキのミュージアム開幕祝い

Update:

【10月18日】マイケル・ジョーダンの写真を追加(記事下部)。

11年ぶりに来日したマイケル・ジョーダン
Image by: Fashionsnap.com

 伝説のバスケットボールプレイヤー マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)が11年ぶりに来日し、10月15日の今日、東京都現代美術館を訪れた。「エア ジョーダン 1」の誕生30周年を記念する「ミュージアム 23 トーキョー(MUSEUM 23 TOKYO)」のオープンを祝い、トークショーやフォトセッションを実施。会場は"レジェンド"の出現に一時騒然となった。

— ADの後に記事が続きます —

 会場ではマイケル・ジョーダンとともに、ジョーダンブランドを長きにわたってデザインし続けているナイキ専属デザイナー ティンカー・ハットフィールド(Tinker Hatfield)がトークを展開。30年にわたり愛されてきた理由についてジョーダンは、「何をする時にも、常に最高の結果を出せるように努力してきた。こういった精神がジョーダンブランドの根底にはある」と話し、「ジョーダンブランドはマイケル・ジョーダンという人間よりもはるかに大きな存在だ。今後も革新性を追い続けたいと考えているし、バスケットコートという場所にとどまらない様々な分野に通用するブランドとして伝えていきたい」と語った。

 「ミュージアム 23 トーキョー」では、スニーカーカルチャーに影響を与え続ける「エア ジョーダン」シリーズの初代・通称BREDをはじめ、シリーズ史上トップクラスの耐久性のⅫ、20周年記念モデルのXX、最新作まで全モデルを展示。1998年の伝説の"ラスト・ショット"を1,000万ピクセルで再現した特設コート、アメリカ人フォトグラファーのウォルター・イオスがこれまで撮影してきた写真の展示など、マイケル・ジョーダンの栄光の軌跡を体感することができる多彩なコンテンツを用意している。会期は10月16日から18日まで。

■関連記事
ナイキ「エア ジョーダン 1」誕生30周年記念ミュージアムが東京都現代美術館に(2015年9月29日)

■MUSEUM 23 TOKYO
期間:2015年10月16日(金)~18日(日)
営業時間:10:00~20:00
会場:東京都現代美術館(東京都江東区三好 4-1-1)
特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング