Fashion

仙台駅ビル「エスパル」に新館2016年3月オープン、アーバンリサーチなど東北初出店

Update:

 オープン日は3月18日(金)に決定。名称は「エスパル仙台 東館」に。(2016/1/28 更新)

2Fファッションフロアのイメージ
2Fファッションフロアのイメージ
Image by: 仙台ターミナルビル

 JR東日本グループの仙台ターミナルビルが、2016年3月に開業する「エスパル仙台」新館の詳細を発表した。店舗面積約10,300平方メートルに、「東急ハンズ」や「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」などの東北初進出を含む約80店舗が出店。保育園、クリニック、屋上庭園等も設けることで、、地域の交流拠点となることを目指す。

 

 駅西口で展開されているエスパル仙台だが、新館は、2016年3月までの供用開始を予定する東西自由通路沿いの東口側に位置し、駅東西の往来を促す。地下1階から地上6階の7層構造で、「Forest Park -杜の公園-」を環境コンセプトに、都市と自然が共存するような温もりある空間を演出。テナントには東北初出店の「中川政七商店」「青山フラワーマーケット」「治一郎」をはじめ、ファッションから飲食、おみやげまで多様な業態を揃える。

■「エスパル仙台」新館 ※2016年3月開業予定
 店舗面積:約10,300平方メートル
      (現在の店舗面積-エスパル本館 17,600平方メートル、エスパルII 2,800平方メートル)
 店舗数:約80店舗
 出店業種:ファッション、雑貨、
食品、飲食 等

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング