Fashion

スノーピークが表参道のアパレル旗艦店を先行公開 新規層を積極開拓へ

スノーピーク表参道
スノーピーク表参道
Image by: Fashionsnap.com

 「スノーピーク(snow peak)」が、表参道に出店する新路面店の店内を先行公開した。東京証券取引所マザーズに上場して以降、更に多角的な事業戦略を進めている同社によるアパレルに特化した初の旗艦店。ファッション感度の高い層に向けて「都市と自然の境界をなくす服」「都市生活でも自然の中でも心地良く過ごすことができる服」を提案していく。オープンは11月13日。

 

 同店の店舗面積は136平方メートルで、テントやタープ、寝袋といったアウトドアギアを広く取り扱う既存の直営店よりもおよそ3分の1ほどコンパクト。主力となるファンは40〜50代だが、今回の新店舗は「アパレルをきっかけにギアも知ってもらいたい」(スノーピーク 担当者)という考えで、アウトドアレジャーになじみの薄い層を開拓する考えだ。

 店内は約8割をアパレルが占め、本格展開を始めてから3シーズン目を迎えたオリジナルの2015-16年秋冬コレクションに加えて、世界の雪山を制覇してきた元プロスノーボーダー福山正和が率いる「MofM(manofmoods)」とコラボレーションしたアルパインモデル、「マーカウェア(MARKAWARE)」のデザイナー石川俊介によるフィールドカバーオールジャケットといったアイテムも展開。「ランドスケーパーズ(The Landscapers)」の観葉植物などグリーンを随所に配した空間で、ポップアップイベントの開催、親和性の高いブランドやアーティストとのコラボレーションを企画していく。

■スノーピーク表参道
 住所:東京都渋谷区神宮前6-2-6
 オープン日:2015年11月13日(金)

スノーピーク 公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング